2009年11月22日

ニューヨーク:ブロードウェイミュージカル「Hair」

night


tktsでゲットした当日券を手にAl Hirschfeld Theatreへ。
http://www.hairbroadway.com/

60年代ヒッピーの話と言うのは服装などでわかったけど、ストーリーの予備知識も無いままで、早口の英語で台詞が進み、歌が進んで行く。英語リスニングが完全ではない私にとっては、なんとも難易度高い舞台に来てしまったと思ってしまったが、次の瞬間に完全に理解した。
シェイクスピアの作品のように今後永遠に演じられ続ける舞台を、彼らは真剣に作ろうとしているということ。まあ極論かもしれないし今作は割と時代性に左右される作風ではあるんだけれども、そんなのお構いなしに、戯曲も音楽も台詞もダンスも、それぞれの担当者のとてつもないクオリティというのは言葉の壁なんか簡単に超えて、心の奥まで到達してきた。
役者の動きとダンス、そして歌声、ライブ演奏されるバンド(ベースとドラムの音が最高でした)、そして照明などの効果、それらが信じられないタイミングとリズムで動いて行く。Qを出すとかそんなレベルを超えた一体感。
世界最高峰のミュージカルと言われるブロードウェイ。それは伝統力とかブランド力とかがあるから集客されてるのではなく、今現在も伝説を作り出そうとしている場所であるから人を惹き付けるということが十二分に理解できた。また何年後かに絶対に訪れたい場所になった。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/



posted by siberia at 02:59| 日記

2009年11月05日

維新派 新作公演「ろじ式」

tit_01


野外で独自の劇場を組み立てて公演する事が多い維新派、今年は屋内、しかも東京と大阪で公演を打つ。
東京公演はフェスティバルトーキョーのプログラムに位置づけられ、元中学校である「にしすがも創造舎」を舞台とする。グラウンドの屋台村を抜けて体育館に建てられた舞台へ。
維新派の舞台は厳密なストーリーがあるわけでもなく、明快な台詞があるわけでもなく。ただその空間に身を置いて耳を澄まし、行間を読むように頭の中に原風景を描き出して行くようなものだ。
枠の仲に骨が配置された単純な舞台美術を縦横に動かし(照明の当たり方も美しかった)以前の維新派よりも「洗練」された舞台を見せてくれたように感じる。
そういえば舞台上での足音に気を配ったり、舞台転換の流れが非常にキレイになったり、舞台としてうまくなった箇所をそこかしこに感じる。しかし維新派の舞台としてそれで良いのかどうかはまた別問題なのかも。自然の中の広大な舞台で、あくせくしながら必死に音楽を追っかけ続けて細かい事に気が回らないような舞台も維新派らしい、などと贅沢な事も思ってしまう(洗練される事が悪い事だとは思ってないけど)
なんか悪い事ばかり書いてしまったが、動きも構成もケチャのような台詞も凄く良かったです。野外の強烈な空間と比較しても、限定された空間での面白さも感じましたし。来年は瀬戸内海の島での公演と言う噂が。それもまた楽しみ。



http://www.ishinha.com/
http://festival-tokyo.jp/program/ishinha/



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/



posted by siberia at 11:08| 日記

2009年08月15日

呼吸機械 維新派 野外演劇公演

cda2c949.jpg維新派の琵琶湖湖畔野外演劇「呼吸機械」を観劇に行く。
さいかち浜野外特設劇場<びわ湖水上舞台>
http://www.ishinha.com/

開演前、セブンイレブンで買い出ししたビールや、
でおでんやタイ風の豚メシなどを堪能。
維新派の野外演劇も久しぶり。
季節も季節なので、しっかりと防寒対策。
トップは4枚重ね、ボトムは+タイツ+足首保温サポーター。
+雨対策のカッパを膝掛けとして風よけ。
暑いかもと思ったが、2時間終わってみればちょっと寒いくらいでした。

初めて維新派の芝居をしたのは忘れもしない大阪南港の水街。
同じような季節で、夜間の公演。
しかし彼らは野外に劇場とともに巨大なプールを作り、
風に吹かれて凍える観客をお構い無しに
水上で水に揉まれて堂々と演技してみせた。
あまりの非日常っぷりに涙がとまらなかったが(その点を評価すべき劇団でもないが)
今回も果たしてそれに準ずるような公演でした。

舞台はやや後方に向けて下がっていて、その先端は琵琶湖の水に飲み込まれている。
内容をどのように語ったら良いのか分からないのだが、、
琵琶湖にプカプカと浮かぶ巨大な月。(ハリボテの)
本当に美しい声と体の動き。
琵琶湖の波の音と、水面のライティング。照明家にとっても本物の湖畔を照らす機会など滅多にないだろう。
対岸の明かりと灯台、そして照明による湖面のグラデーション。
カーテンコール中にも舞台に注水。その役者と演出の覚悟。

基本的にとらえどころの無い劇団なので、毎回どこに注目したら良いのか悩んでいた。
しかし今回は、一つ確信を持てる舞台だったと思う。
美しいものをそのまま受け入れる心で見ること。

さらに維新派も変わってきた気がした。
良くも悪くも「維新派っぽい舞台」を作るということで満足していた部分が
過去の公演にあったかもしれない。
しかし今公演では、過去の方法論に必ずしも準ぜず、
0から、今回のシーンで伝えたい事、伝えるべき事を真剣に考えた上で、
作っているように感じた。
ある意味、維新派は維新派を超えたように感じた。

観劇後、屋台村で焼いたチキンをいたただく。体が温まっていく。
湖水に揉まれた役者の皆さんが、カゼをひかないことを祈りながら。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 04:20| 日記

2007年09月16日

おお振り8

2728a41e.jpgおおきく振りかぶっての第八巻を購
入。
やはり素晴らしい。
http://www.amazon.co.jp/おおきく振りかぶって-Vol-8-アフタ
ヌーンKC-ひぐち-アサ/dp/4063144518


三橋んちのカレー喰いてえ。
人権のない三橋家。
田嶋家のナスのハサミ揚げ喰いてえ。
マネージャーの仕事は大変だったのだねえ。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 01:19| Comment(0) | 日記

2007年09月05日

Adobe Creative Suite 3 Design Premiumを導入

6f71da1b.jpg評価用として、CS3に
アップグレード。
http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/

いまだに最も使ってるツールがAdobe Illustratorの8なの
で(安定性が最優先なので枯れた技術のが信頼できるんだよねえ)、
9、10、CS、CS2、CS3と、実に五つのバー
ジョンを蹴っ飛ばしてのアップグレードw。
とりあえずOSX最も安定してるのはCS2のようだが、
G5も蹴っ飛ばしてintelで動かしたいのでCS3へ。
とりあえず安定性やら信頼性やらを厳密に評価してみます。



・広告デザイン・グラフィックデザインのご用命は、
 JAGDA正会員のデザインするこちらの事務所へ
Black design
http://www.blackdesign.jp/

・Black design ご案内パンフレット(PDFファイル)ダウ
ンロード
http://www.blackdesign.jp/single_pdf/BD_catalog.pdf

・Black design 携帯サイト
http://www.blackdesign.jp/i/

,macミラーサイト
http://homepage.mac.com/blackdesign/
http://www.ne.jp/asahi/black/design/

http://www.b-info.jp/blackdesign/
posted by siberia at 19:11| Comment(0) | 日記

2007年08月28日

ゲームセンターあらし

無料配布のマンガ雑誌ガンボにゲームセンターあらしが。サラリーマン
になってて株やってて水魚のポーズ。
http://gumbo.jp/


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 16:26| Comment(0) | 日記

2007年07月21日

07F1ドイツGP金曜フリー

フリー1のトップ、1'32.515でハミルトン
フリー2(インターバルの間に降った雨の影響で、路面には
ウェットとドライの部分が混在)のトップ、1'33.339でライッコ
ネン。

現地写真を見ると、来ないかもと言われてた顎がプラットフォームに!
これで今レースのオッズ、ライコネンは1.2倍から7.4倍く
らいにがくんと落ちたはずw
でもここでもし勝っちゃったりしたら、いきなりライコの評価はあがる
よなあ。どうなりますやら。

琢磨フリー1は+2.2の17番手、フリー2はトッ
プから+1.0の13番手。まあまあのポジション。てゆか中段
グループのギャップが極めて少ない。ほんの少し速くなるだけで大きな
チャンスが産まれるよな現代F1。アンソニーのヘルメット、なか
なか格好いいなあ。




・Black design ご案内パンフレット(PDFファイル:
7MB)ダウンロード
http://www.blackdesign.jp/single_pdf/BD_catalog.pdf

・Black design 携帯サイト
http://www.blackdesign.jp/i/
posted by siberia at 00:27| Comment(0) | 日記

2007年07月18日

クラムボン博多百年蔵ライブ

発端はヒルズのJ-waveフリーライブにクラムボンが出演。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=418130230&owner_id=173990

そのライブにいたく感激し、ライブ盤を購入。


そのライブのクオリティに感動し、後先考えずぴあの先行抽選予約に申
し込む。


てなわけで行ってきました、クラムボンの百年蔵ライブ。第一印象は想
像してたよりも恐ろしく狭く、また全員分の席が用意されてるわけでも
なかったw。余裕ぶっこいて開場時間を過ぎてから参上すると、
後方スタンディングということになる。
http://www.ishikura-shuzou.co.jp/index.shtml


ミトくんがライブ盤のMCで「音がどこまでも伸びて行くような
ホール」と表現していたが、本当にその通りで郁子ちゃんの高音の伸び
にはびっくりした。酒蔵を改造したホールなので壁も分厚く重厚な造り
で、そういうのが音響に良いのだろうなあ。『クラムボンが求める最高
のライブの音』を実現できる場所。ここまで来る価値のある空間。


原田郁子
「私達は今、サイコーのライブをしています」
「きのう海の日だったんで、スタッフさんたちと海の方に遊びに行って
凄く楽しかったんだけど、帰りが遅くなって母さんに『あんた何時だと
思ってんの!早く寝なさい!!』と高校生の時と同じように怒られた。
もう30なのに。だめだめだよw」

ミト
「あまりにも音がいいんで、リハーサルあっとゆうまに終わっちゃった
よ。これ以上やるのは逆に良くないと思って」


伊藤大助
酒蔵の中央に柱があり、それのおかげで私の立ち位置からは大ちゃんの
表情が全く見えず。アンコールではDJ DAIとして活躍したらしい
が、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2378412
みんな立ち上がってて全く見えず。


酒蔵のかみさま(言葉のあやではなく実在します。mixiにも参加
されてるようです)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20622199&comm_id=1590530

・オペラは「ブラボー!」、歌舞伎は「中村屋!」、百年蔵では「ヤイ
ヤイヤイヤイヤイヤイ!」でお願いします。「結婚してくれ!」もなか
なかフォーマルです。


・先日発売された新しいアルバムを引っさげてのツアーなんだけど、
まったりファンの俺は買わずに参戦し「この曲、知らんし新曲かな
あ??」てな感じでした。

・帰りにその新アルバムを購入。その後サイン会もあるらしんだけど、
長蛇の列になるらしいので諦めて帰る。


・素晴らしいホールなんだけど、曲の静かな部分では(後ろの方は)空
調の音が五月蝿い。途中にトイレに出られるお客さんも多いのだが、出
入り口の音がガチャガチャバタンとして五月蝿い。

・曲の間の構成は、ミトくんがベースやらギターやら持ち変える時間で
だいたい決まっちゃう?

・百年蔵ライブは二日間とも参加する猛者が多いらしい。

・前半の椅子席は、座って聞くのが暗黙の了解らしいです。後半ミトく
んの一声で皆立ち上がると、後ろからは全く見えなくなっちゃう
w。最後の曲ではまた座ってまったりと聴く。

・見えなくなった時は、すぐ前でビデオ撮影してる人のモニター用の画
面でも見てる。それまでは三脚に載せてたカメラを、思いっきり高く上
げて頑張って撮ってはった。
・しっかり聴かせるためか、すごく薄暗くシンボリックな照明が多かっ
た。心に染み入る感じで観客的には大満足なのだが、ふとビデオ撮影モ
ニターを見ると全然写ってないしw。撮影クルーにはしんどい照
明だったと思われる。

・確かに素晴らしいホールで、またクラムボン的な場所でもあるんだけ
ど、実際に行ってみるとそれだけじゃない、クラムボンの三人と、蔵
と、博多の観客たちが素晴らしく噛み合って、ここまで創られてきたラ
イブだと思う。
1.九州の人は熱いやねえ
2.酒がふんだんにおいてあるし、酔っぱらってるねえ
3.場所がせまい
演劇とかでも「人気が出てきて大きなホールでやる公演」よりも「黎明
期に小さいホールに極限まで人を押し込んだ公演」の方が評価が高いも
のも多い。狭い所で熱くなって一体になって盛り上がるって言うのは燃
えるよねえ。


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 22:21| Comment(0) | 日記

2007年07月15日

坊やだからさ…

このまえスーパーに行った時、出口の脇のガチャガチャに「サウンド
ロップ 機動戦士ガンダム 赤い彗星編」というものが。押
すとシャアのセリフが聞こえるというものらしい。その時は百円玉がな
かったのでまた今度でいいやと思い、今日の買い物の帰りに立ち寄った
ら、その台だけ「売り切れ」の張り紙がorz「認めたくないもの
だな、自分自身の若さ故の過ちと言うものを(この台詞は未収録)

http://dracula.kitaguni.tv/e380139.html

まとめて売ってるサイト。ちょっと心が動く。でも歩行音とかいらねえ
しなあ。
http://www.dai4.com/shop/A188/tzjb4Fhsh/syoinfo/2008
・シャアセリフ【A】:「冗談ではない!!」
・シャアセリフ【B】:「私にも見える!」
・シャアセリフ【C】:「坊やだからさ…」
・シャアセリフ【D】:「更にできるようになったな!」
・シャアザクマシンガン音:「ズゥダダダダダッ!」
・シャアザク歩行音&動作音:「ズゥシン!ズゥシン!」「ギュウゥ!」
・シャアザクモノアイ点灯音:「ビコーン!!」
・ニュータイプのきらめき:「キロリロリーン」「そこッ!」




グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 17:11| Comment(0) | 日記

2007年07月11日

キナ臭くなるF1サーカス

・フェラーリ、マイク・コフラン(マクラーレン)を正式に告訴
・マイク・コフラン夫人も関与
フェラーリはこれまでコフランの自宅の家宅捜索の裁判所命令を勝ち取
り、彼の自宅で文書が発見された。トッツィは、コフラン夫妻は「これ
ら文書を取得し、彼らにはその資格がないことを知りながら手元に置い
てコピーした」ことで「みっともない」行動をとったと述べた。彼はま
た、印刷屋がもたらしたと噂されている内報がなければ、フェラーリが
この件を知ることがなかったことも明らかにした。

徐々に登場人物が増えて行くステップニーゲート。真実はもう永遠に出
てこないだろうなあという印象。


・バーニー・エクレストン、新たな政治スキャンダルの中心に
10年前バーニー・エクレストンが英国政府に「寄付」した秘密の
100万ポンドを巡って、再び政治論争が起こりかけている。ブレアの労
働党は、この寄付金がF1におけるタバコ広告に関する政府の決定
と関連づけられたため、エクレストンに返金した。

10年前か。まあ結果的にタバコ広告は禁止になっちゃったけど。

・バーニー・エクレストン、レッドブルにトロ・ロッソの売却要請「な
ぜ2チームを所有しているのか理解できない。1チームに集
中すべきだ」
確かにねえ。宣伝効果が倍になるわけでもなく、でも予算は倍。エナ
ジードリンクだけでなんでやっていけるのかよくわからんわ。

・スパイカー,アルバースの更迭を確認
チームはアルバースに対して巨額のスポンサー・マネー持ち込みを期待
していたが,4月の振り込みを最後に入金が途絶えていたため,あえな
く解雇という最悪のかたちとなった。今後は後任のドライバー捜しをす
ることになるが,既に多くのドライバーが名乗りを上げている。
・アルバース,法的措置を検討へ
シーズン末までの契約を結んでいたが,資金持ち込みに関する特別条項
に抵触しての契約解除となっており,これを覆すのは困難となる可能性
が高い。


よくある光景ではあるが、、まあしょうがないわな。

・カーティケイン,もし復帰できれば嬉しい
これに乗じてなぞのインド人復活ですか?



・レッドブル・レーシングのドライバーでF1のプレイボーイ、デ
イヴィッド・クルサードはベルギー人のフィアンセ、カレン・ミニエと
結婚する。今週末クルサードは2008年3月カリブ海の某所
でカレンと結婚することを宣言した。

先生、やっとこ年貢の納め時ですか!おめでとうございます。でも昔の
ように破棄して慰謝(略

・クルサード、モナコのホテルを7,000万ドルで売却へ
結婚資金の調達ですか?


・イギリスGP終了後のフェラーリタイヤ
風洞が壊れていた2週間超の期間と不調だった時期がだぶっていて、復
調するのに要したのがちょうど風洞が直ってから開発したパーツの投入
時期とだぶるのね。分りやすいというか、微妙だなというか、ホント毎
戦新パーツを入れないと負けるのねF1って。怖いわあ。
http://www.i-dea21.jp/kensawa/index.php?e=46

表面についてる天かすみたいなのは、チェッカーを受けた後のパレード
ラップで重量を重くするために拾ってきたタイヤカス。その下のタイヤ
表面が恐ろしくキレイ。左フロントタイヤだけど、アウトサイドをちゃ
んと「使い切って」終わってるし。





Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by siberia at 12:37| Comment(0) | 日記